« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

Pacific Tsunami Museum(Hilo)

2004_0225hawaii2-20040061 「パシフィック・ツナミ・ミュージアム」(ヒロのシリーズより洩れておりました)ヒロは昔、二度も大津波にあい大きな被害を被った町だとか。その折の被害とか防災のために、また忘れないようにと建てられたのだそうです。

主人は、ヒロに行くならここに立ち寄ると決めていたらしい。(私がシグ・ゼーンにいる間に覗いたようです。シグ・ゼーンの隣です) 私は津波の事もこのミュージアムの事も全然知らなくて、「Hawaii好き」なら知っておかなくちゃぁ、と主人に言われてしまいました。

しかし残念ながら、主人が入ろうとしたのと同時ぐらいに閉館!だったらしい。「遠い日本からいらして下さったのにすみませんね~」 (だったら入れてよ~、閉めるの早いよー)スゴスゴ戻ってきました。なもので、中の様子は何もお伝え出来ません、すみません。(外観もいまひとつ、よく撮れていませんが・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MACADAMIANUTそのⅡ

2006_01280238 マカデミアナッツと云えば「MAUNA LOA」、マウナロアと云えば「マカデミアナッツ」。それぐらい、もうすっかり定着しているあのロゴとブルーカラー。なのですが・・・・。

きのうのブログでお話したコナコーヒーのお店に、きょう紹介するマカデミアナッツは置かれていました。気づいた私達に「それはウチの商品ではありません、預かって売っているものです」 あーマウナロアじゃないのですね。(と知ったかぶりをする私達)するとご主人、静かながらもキッパリ!と「違います。あれはHawaiiの恥、です」・・!!?・・・絶句し呆気にとられている私達に、「騙されたと思って、これを日本に買ってお帰りなさい」・・・あ、はい・・・・。

次の年に行くと「もう売れるから卸さない、と言われてここにはありません。車があるなら直接買いに行きなさい」 で、この「FACTORY」に来る様になったのです。

日系の初老姉妹二人でやっておられます。決して愛想はありません、なにか身構えている風すらあります。(そうでしょうね、ここはアメリカ人里離れた所のお店だもの、ましてや女性)

2006_01280242 こちらは小サイズで、$4でした。(マウナロアのは4.5OZで$2.89税別) 美味しいですよ!そんなにナッツ類を食べない私が主人と競争して食べますから。お友達も喜んでくれます。

続きを読む "MACADAMIANUTそのⅡ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MACADAMIANUT FACTORY

2004_0225hawaii2-20040034 正式には「KONA COAST MACADAMIANUT & CANDYFACTORY」。ハワイ島に来ると私達はここに「マカデミアナッツ」を買いに走ります。マカデミアナッツというと「MAUNA LOA」ですが、私達はこちらです。カイルア・コナよりずーと南に下がった小高いところにあり、すれ違う車もそう無い所です。でもアラ不思議、お店にはちゃんとお客様がいらっしゃるのです。ここは最初コナを訪れた折に、コナコーヒーのお店の方に(コーヒー農園主です)教わりました。もう少し、明日のブログでお話したいと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

夕日のAlii Dr,

2004_0225hawaii2-20040041 きのうは、朝のAlii Dr.をUPしましたがきょうは、夕日のAlii Dr.。真っ赤に染まる夕焼けのコナは以前にも紹介しておりますが、きょうのはその一歩手前、夕焼けというよりは「夕日」とよぶほうがふさわしいですよね。

ちなみに1/4付けで、ほぼ同じ所からの昼間の写真がUPされていますので(覚えていらっしゃいますか?)比較していただくと面白いかもです。(面倒?すみません)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朝のAlii Dr

2004_0225hawaii2-20040027 きのうの可愛い姉妹との出会いの前に朝のAlii Drを散歩です。少し暗めの写真ですがカイルア・コナの雰囲気が少しは、と思いUP。夕焼けのコナとともに朝は朝の良さが・・・。そろそろジリジリきますが、まだ空気にスッキリ感が漂う頃です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

姉妹(カイルア・コナにて)

2004_0225hawaii2-20040029 ある日、キンカメ・Hの近くはコナ・シーサイド・ホテルのレストランでパンケーキの朝食。ふと左手後ろを振り向くと・・!!・・

おもわず席を立ち「Hello!Good morning!貴女のお嬢さん方とっても可愛くて・・写真を撮らして頂けませんか?」 すかさず「Sure!Pleace!・・」とオシャレで素敵なママのお返事。で、撮った一枚。すかさずポーズをとってくれたお姉さんでした。(にこやかなサリーのご婦人も、二人組みのなにやらゴツイオジサマ達、全然眼に入っておりませんでした)

念のため誤解なきよう書き添えますが、私は「人物」をあまり写しません。ましてやよそ様に対してカメラシャッターを切る者じゃございませんので・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

投影のHonolulu

2004_0225hawaii2-20040015 先日、例によってPCで写真を流していると、?なに?この薄暗い写真・・。クリック。ア、何処で?う~んっと・・・、流れを追っていき、判明。全然覚えていなかったですね、苦笑。

これはHonolulu空港をハワイ島に向けて飛び立とうと、空港内を旋回している時に撮ったものらしい。暗いのはどうやらシャッター時のおりの光線の具合だったのでしょう。

これもなかなかのHonoluluの姿と思いませんか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Honolulu上空

2004_0225hawaii2-20040017 2004_0225hawaii2-20040019

昨日、一昨日はコナ空港に降り立つ時の写真。では今日はHonoluluを飛び立った時の写真。最初のは以前(去年11/6)にUPしてますね。二枚目は今日お披露目です。二枚並べるとよくわかりますでしょう?もう説明なんて不要ですよね。お楽しみ下さい!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

マウイ島上空

2004_0225hawaii2-20040020 きのうはマウナケアの山頂を。きょうはその手前のマウイ島上空です。ほぼ中ほどに見える山はハレアカラ。左手のちょっとクビレタあたりからキヘイに向かいます。右手に見える島はカホオラウェ島なのか、マウイ島に最も近いその間の島なのか、すみません、はっきりとは分かりません。

Hawaii列島の簡単な地図を開けてみてくださると、少しはこの写真がお分かりいただけると思うのですが、本来なら私がここに載せるべきですよね・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Hawaiiの雪(マウナケア山頂)

2004_0225hawaii2-20040021 きのうは東京というか関東一円に雪が降りました。で、きょうはHawaiiはハワイ島、マウナケア山頂の雪 ・・・・。

大きな画像でホラ、見えますでしょう!?山のてっぺんに・・・。コナ空港に降り立つ寸前に見えてきます。それッとシャッター。でもこの雄大な景色、しっかりこの眼でも捉えてきましたよ。マウナケアには登ったことはありません。私達の体力では少々心もとないかな?という判断からです(まだ若いですが、色々考慮して)

こういった眺めは、Honoluluを飛び出した者に与えられる幸運ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コナ空港(ハワイ島)

2004_0225hawaii2-20040023-2 タラップをトコトコ降りて、またトコトコ歩くともうゲートです。Hawaiiの風景にマッチした素朴な建物です。そのゲートを過ぎると、ターンテーブルがもう直ぐそこです。というか空港の外になります。ちょっと見苦しい写真ですが、前日の写真と合わせて見て頂くと、感じが良くお分かりかと・・・。

去年暮れからこちら日本列島は雪の中。東京はいつ来るのだろう、と思っていたら今朝目覚めると・・・雪景色(別に待っていたわけじゃぁないのだけれど。雪だるまを造る元気はもう無いので) そんな日のブログ、ハワイの空気を感じてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Aloha Airlines

2004_0225hawaii2-20040022 この飛行機に乗って、ホノルル空港からハワイ島はコナ空港に飛んで着ました。可愛いハワイらしい飛行機でしょ。こうやってトコトコ、タラップを降りてきます。なんとも和やかな雰囲気が伝わってきませんか?そして、これまたトコトコちょっこと歩けばもうゲートなのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サンデーブランチ(キング・カメハメハ・H)

2004_0225hawaii2-20040040 キンカメは、メインダイニングでのサンデーブランチ。ご覧のとおりお世辞にもロマンチック!とはいえません。でも、この日は地元のロコ達がちょっぴりおめかしをして、教会礼拝後にやって来ます。家族で、カップルで、友人・知人、etc・・・。

どのテーブルにも蟹、かに、カニ・・の山。(可笑しい) そして、ここはシャンパンが無料、飲み放題。!グラスが空くとサッ、と注いでくれる。(お蔭?でいつぞやは主人は飲みすぎ、体調を崩し半日をフイにする始末。あーアです。)

で、この方は我らがキンカメのエンタテーナー、Mr.Dennis。(普段着にレイを掛けているだけ) お友達。私達の姿に気が付くと、直ぐに以前リクエストしたケアリイ・レイシェルの曲を歌ってくれる。休憩Timeになると私達の席で雑談。(あ~また来てよかった!と思う時です。勿論チップは忘れませんよ)

あの悲しい「えひめ丸」の惨事も、ここでDennisから教えられたのでした。「○○知ってるか?きのうホノルルで・・・」 「・・・?!!」 ・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

キング・カメハメハ コナ・ビーチ・ホテル

2004_0225hawaii2-20040037-1 ブログで何度も名前の出ていた「King Kamehameha’s Kona Beach Hotel」 やっと登場。間真ん中に変なオジサンがいなければもっと良かったのですが・・・(無視して下さいね)

ここはもうカイルア桟橋近くに立っていますが、右側に見える白い建物がホテル。プールを挟んでもう一棟同じ建物があります。(ここには見えておりません)この建物の一階にメインダイニングがあります。真ん中ブラインドが下りてる所、朝日が眩しくておろされています。写真左手に見えるのが復元された「アフエナ・ヘイアウ」。ここで週二回ほどルアウショウが行われています。(私達は参加した事はありませんが、入場しなくてもセレモニーが見えます。料金はお安くありません。そして長時間やっています、ひたすら・・・)

実はホテルの写真がそんなにありません。以前はビデオに収めており、何度も行っているとつい撮り忘れてしまいます。でもだいたいの雰囲気はお分かりいただけるでしょうか。こんな風にホテルの庭から桟橋、ビーチ、そしてそのまま町へとつながって行きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ナウパカ(ハワイの花)

2004_0225hawaii2-20040064 2004_0225hawaii2-20040065 きのうは長~いドライブで疲れました。きょうはホテル(キング・カメハメハ・コナ・ビーチH)に続くBeachでノンビリします。

そこで出会ったナウパカ。ナウパカはビーチナウパカとマウンテンナウパカと二種類あるそうで、こちらはビーチナウパカ。二枚目のは何の花だろう?と思いましたが、今よくよく調べてみると、どうやらナウパカの「実」らしい。(??もし間違っていたらすみません)

このナウパカにも火山の女神ペレがからんでいるようです。ほんとにペレ神も困りますね。(すみません、以前同様長くなりますので割愛します。検索をお願いします。本当にすいません。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カイルア・コナの日没

2004_0225hawaii2-20040066 コナのホテルを発ち11号線を一路南へ。途中最南端カ・ラエ岬。再び11号線に戻りひたすらVolcanoを目指す。そのあとカイルア・コナのほぼ反対側にあたるヒロへ。その後、帰路に就くべく19号線を北上。ホノカワ・タウンで左折、19号線に入りパーカー牧場を横切り最後190号線をひた走り、コナに戻る。実にほぼハワイ島を一周する形。日本の四国と同じぐらいの面積というからいやはや良く走りました。出発は朝6:40、戻り18:00(まさに日が落ちようと)。走行距離269マイル(約430km)となりました。

パーカー牧場あたりの写真が一枚もないのは電池切れのため。(悔しい)それと最後の190号線、これが怖いんです。昼間走っても途中引き返す事度々。走れど走れど町も村も、いやすれ違う車さえ出会わない道。いつかコナから牧場をめざすも途中Uターンしましたから。だから日が暮れないうちにと急いだ急いだ・・・。(私達のHawaiiでのドライブの鉄則、夜は走らない。例外は日本にかえるべくホテルからホノルル空港へ向かう時)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カ・ラエ岬(South Point)

2004_0225hawaii2-20040049-1 ハワイ島の最南端はアメリカの最南端!Ka Lae岬、South Point。きのうの風力発電所からもう少し走ると、到着。

どうです?!この海、この紺碧の青!ここもHawaiiの海。この先はず~とポリネシア諸島に続く海。 

遠い昔、ポリネシアからの人たちが最初に上陸したのでは、とされている岬。考古学の観点から、発掘作業も進められているそうです。ここまで足を運ぶ人はそういなく、人影もまばら。でもこんな所で釣りをする人の姿・・・?

「あなたも立って立って・・!」 端所(?)恐怖症で尻込みする私。「ここに来た意味がないじゃんか~!」と無理にでも立たした夫。恐々ながら立ってみると自然と背中が伸びていた私でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kamaoa風力発電所(ハワイ島)

2004_0225hawaii2-20040047 実はこのハワイ島シリーズの折に、私達はハワイ島の最南端を訪れています。コナから南へひたすら11号線を走るわけですが、キラウエアへの途中、最南端カ・ラエ岬へ向かうその名も「South Point Rd」に入ります。その道ナリに突然姿をあらわします。 

ゴルフをなさる方ならご存知かも知れませんが、プロゴルファー、デビット・デュバルがクラブを振るとその風で羽が回る・・・というPGAのCMの場所。テレビ画面で見る限りではダイナミックな光景と映りましたが、実際に近くで見ると異様な風景でありました。(ところどころ壊れてるし、で)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブーゲンビリア(カイルア・コナ)

2004_0225hawaii2-20040035 今日はとても寒い一日でした。朝からずーと曇天、なんだか心まで萎えてきそうな・・・。(雪国の方々のご苦労を思えば、こんな事は言っておれませんが) 思わずブログ、休もうかな・・・寒いからこそHawaii,Hawaiiと写真。

コナの少しはずれを走っていて出会いました。それっとシャッターを切りましたが、ご覧の通りのもろピンボケ。でも豪華絢爛の姿捨て難く、削除出来ずに残した、一枚です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Ohi'a Lehua

  2004_0225hawaii2-20040053

 ・・・・私 です。 (恥ずかしい)                        「オヒアとレフア」

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、木が「オヒア」、花が「レフア」。この花の謂れを書くと、長くなりますので割愛します。検索をして下されば(すみません)直ぐにお分かり頂けるかと。

キラウエア火口を覗いたあと、溶岩大地を少し歩いてみる。黒いゴツゴツの大地、裂け目に岩、ちらちらとシダが、強いな~。 もう戻ろうと思うが(人影も2004_0225hawaii2-20040052 なくなり、なんとなく怖くもあり)主人はドンドンと進む・・・。「ねぇー帰ろうよ~、ヒロに行こうよ~、何処まで行くの~!?」  「いいから、おいでー」  ・・・・・・・・ 

「あったー! これこれ! これが見たくてここまだ来たんだ!」 「・・オヒアレフア。ここだって知ってたの?」 「調べたさ!火口もさる事ながら、この花を見たくて・・・あ~会えた!」

オヒアとレフア、主人にカンパイ! (完敗&乾杯)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

キラウエア火口

2004_0225hawaii2-20040051 「Hawaii Volcanoes National Park」。ハワイ島何回目?かにしてやっと行ってきました。いつも私が乗り気でなく、今回はヒロの前に必ず寄る!と主人。公園入口で$10支払(車一台につき)入園。当然の如く広~い溶岩台地。様々な施設があり火口、その他諸々が見やすいように工夫がされています。ここは公園の中心、キラウエア・カルデラ。その中に二つの火口があり、これは「ハレマウマウ火口」と呼ぶそうな。他にも溶岩トンネルとか蒸気がモクモクの写真もあるのですがUPは遠慮します。何れにしろヒロの前に・・・なんて無謀でありました。行かれる方は、ここはたっぷりと時間をとって訪れましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Hiloへの道(130号線)

2004_0225hawaii2-20040057 順序が逆になってしまいましたが、ヒロに向かって走る道です。キラウエア火口を見、さあ、ヒロへ急ごうと11号線をひた走り、130号線に入ったあたりと思います。今までの道と様相が変わるのに気づきシャッターを切りました。溶岩の大地とは違い緑が濃くなっている、あぁヒロが近いな、と・・・。あの広大な「マウナ・ロア・マカデミアナッツ農園」の近くです。(「マカデミアナッツ」の事は、また改めたいと思います。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Hilo Bay Ⅱ(Coconut Island)

2004_0225hawaii2-20040060 きのうお見せしたHilo Bayのもう少し東寄り、ヒロの主要なホテルが立ち並ぶ一角の海岸沿い。旅の後で地図を見ながら検証?してみるに、どうやら「リリウオカラニ庭園」あたりからの眺めのようです。「Coconut Island」と呼ぶらしい。

きのうの写真よりもっと「ヒロ」の雰囲気が漂っているとおもいます。駆け足などせずに、じっくりと味わってみたい町ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Hilo Bay(ハワイ島)

2004_0225hawaii2-20040063 ちょっと昨日までとは場所が一気にとんでしまいますが、Hilo Bay。ちょうどコナの反対側にあたります。コナから車でヒロをめざし、またコナに戻ろうとすると少しきついかな。でもそれを私達はやってしまって・・・。やはりヒロで一泊の予定を立てるべきだったと、後悔をしました。

きょうは今までの流れで海をお見せしていますが、ヒロはヒロで他の地域とはまた全然違いました。雨の町と言われるぐらい雨の多い地ですので当然そうなりますよね。しっとり・・・。

独特の色合いとデザインで有名なお店「シグ・ゼーン」はこの近くです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

客船(カイルア・コナ高台より)

2004_0225hawaii2-20040067 きのうコナ・コーヒー・ベルトからの海を紹介しましたが、浮かぶ客船の雄姿、いや船だから令嬢?のアップの写真も合わせて載せるのをうっかりしてしまいました。もう止そうかと思いましたが、折角なので・・・・。どうぞ、とくとご覧下さい。(大きな客船を眺めると、どうしても映画「タイタニック」を思いだしてしまう私です)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

コナ・コーヒー・ベルトからの眺め

2004_0225hawaii2-20040068 これはもう、私の大ダイ大~い好きな写真です。コナのAlii Dr.とほぼ平行して走るNorth Kona Belt Rd.、俗に「コナ・コーヒー・ベルト」と呼ばれる高台から撮ったものです。これも大好きな、コナ・コーヒーの採れるところ。有名な「キムラ・ラウフラ・ショップ」の近くです。(記念に小さな小さなグラスカバーを買いました)

向こうに見えるはハワイ四島巡りの客船ですね。(私は船に弱いのでご遠慮)

きょうも、とても寒~い一日でしたのでこの写真を選んでみました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Kahaluu Beach Park(Keauhou)

2004_0225hawaii2-20040032 ここは、カハルウ・ビーチパーク。カイルア・コナから車で、15分(?)ぐらい南に下って行くと見えてきます。ここまでに、ハワイ島には珍しい、その名もホワイト・サンド・ビーチパーク、小さな小さなブルーの可愛い教会などを見る事が出来ます。(写真がなくて残念!)

主人はここで泳ぎます。ご覧のとおり岩とかでゴツゴツしており、ビーチソックスを履いていないと危険というか痛いです。海面を覗くと、沢山の美しいお魚の泳いでいるのが見えるのだそうです。(主人の話) そしてそして、ここには海がめもいます。直ぐそばに建つアウトリガー・ケアウホウビーチ・Hのラウンジからも、それこそ「アッ、そこ」にいます。

日本人の姿はありません。ハワイ島を訪れる日本のほとんどの方は、高級ホテルの多いサウス・コハラ方面へいってしまわれるのです。ホテルライフを楽しまれるのなら、こちらがベストかも。でも私達には合わず、ハワイ島の印象は良くはなかったのです。コナに来て、変わりました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Alii Drからの眺め(カイルア・コナ)

2004_0225hawaii2-20040030 昨年末にカイルア・コナの海をUPしましたので、今日はその続きです。アノ眺めからもう少しAlii Dr沿いに下るとこんな感じになります。向こうに見えるはホテル、ロイヤル・コナ・リゾート。もうこのホテルは何処からでも捉える事が出来ます。その昔、ハワイ島半日観光の折のランチを、ここで摂った記憶があります。それを思いだし立ち寄ってみましたが、その雄姿とは裏腹に少々物淋しさの漂うホテルでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プルメリアの年賀状

2005_0929hawaii2005-20229 2005_0926hawaii2005-10082 今年の我が家の年賀状です。毎度のことながら年末ぎりぎりの投函ですので、きょう三日あたりに皆様に届いていますかと。

一枚目はKapiolani Blvdの信号待ちの折に。二枚目はKahalaの住宅街にて。どちらも捨て難く、今年は二種類作成しました。あなたにはどちらが届きましたでしょうか?

実は今回のHawaii旅行の目的の一つにプルメリアの観察がありました。で、あちらこちらのプルメリアを写真に収めております。機会をみてUPしたいと思っております。2005_0825plumeria20050123

最後の写真は昨夏、我が家で開花したプルメリアの花、です!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シャワー・トゥリー(Hawaii)

2005_0929hawaii2005-20082 Hawaiiでの楽しみの一つに「花」があります。街のそこかしこ、住宅街に・・それこそ散歩をする自分の足元にも。Hawaiiのあの甘~い香りを担っているかのよう。きょうのシャワー・トゥリーも、気が付かなければ通り過ぎてしまうほどにハワイではみなれた光景。でも一たび目をやればシャッターを切らずにはおれません。ここはカピオラニ公園からパークショア・Hあたりが見渡せる位置にあります。

お正月には、このお花を飾ろうと心ひそかに思い定めていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初日の出(Oahu島)

あけまして おめでとうございます!2005_0926hawaii2005-10004 2005_0926hawaii2005-10005

富士山ならぬHawaiiはオアフ島上空の初日の出(?・・つもり) 刻一刻と変わる様をじっくりと見ていました。2005_0926hawaii2005-10007

そして、島の朝焼け。

今年も宜しくお願い致します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »