« MACADAMIANUT FACTORY | トップページ | Pacific Tsunami Museum(Hilo) »

MACADAMIANUTそのⅡ

2006_01280238 マカデミアナッツと云えば「MAUNA LOA」、マウナロアと云えば「マカデミアナッツ」。それぐらい、もうすっかり定着しているあのロゴとブルーカラー。なのですが・・・・。

きのうのブログでお話したコナコーヒーのお店に、きょう紹介するマカデミアナッツは置かれていました。気づいた私達に「それはウチの商品ではありません、預かって売っているものです」 あーマウナロアじゃないのですね。(と知ったかぶりをする私達)するとご主人、静かながらもキッパリ!と「違います。あれはHawaiiの恥、です」・・!!?・・・絶句し呆気にとられている私達に、「騙されたと思って、これを日本に買ってお帰りなさい」・・・あ、はい・・・・。

次の年に行くと「もう売れるから卸さない、と言われてここにはありません。車があるなら直接買いに行きなさい」 で、この「FACTORY」に来る様になったのです。

日系の初老姉妹二人でやっておられます。決して愛想はありません、なにか身構えている風すらあります。(そうでしょうね、ここはアメリカ人里離れた所のお店だもの、ましてや女性)

2006_01280242 こちらは小サイズで、$4でした。(マウナロアのは4.5OZで$2.89税別) 美味しいですよ!そんなにナッツ類を食べない私が主人と競争して食べますから。お友達も喜んでくれます。

ヒロに行く途中にマウナロアの工場はありますが、それはそれは広大な土地です。案内版を見て入っていくのですが、車で行けども行けども建物が見えてきません。マカデミアの木々の間を走るのです。あの「Hawaiiの恥です」の一言には、私達には測り知る事のできないあらゆる想いが積もっているのでは・・・。そんな想いがよぎりました。

|

« MACADAMIANUT FACTORY | トップページ | Pacific Tsunami Museum(Hilo) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

オヒアとレフア さん、Aloha・・!。

マカデミアナッツと云えば「MAUNA LOA」、
マウナロアと云えば「マカデミアナッツ」・・・。ですよね~。

でも考えてみると、ABCにもダイエーにも
COSTOCOにも山のように
(COSTOCOのは小さな三角パック36個入り・・とか言うバーゲン品)置いてあるのだから
明らかに”観光客用”なんでしょうね。

何でも、”美味しいもの、良いもの”は
努力せずには手に入らない・・・って事ですね。

ではでは、Mahalo。

投稿: jazz | 2006年1月31日 (火) 13時02分

jazzさん、Aloha、です!
今日は寒い雨が降りました・・・

努力、というほどのことじゃぁ・・
なんでもそうですが、教えられ知るとやって
みようか、それだけです。

オヒアとレフアの近くにはCOSTOCOがなく、利用したことがないんですよね。時折ブログに書いていらっしゃいますが、マウナロアまであるのですか!?あ、ハワイのですよね・・

こんどハワイ島に行ったら(いつ行けるかな?・・)お土産に買ってきますね、皆さんに。

ではでは、Mahaloです。

投稿: オヒアとレフア | 2006年1月31日 (火) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125268/8422810

この記事へのトラックバック一覧です: MACADAMIANUTそのⅡ:

« MACADAMIANUT FACTORY | トップページ | Pacific Tsunami Museum(Hilo) »