« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

Hawaiiのドライブ

2005_0926hawaii2005-10191 昨日今日と寒い日でしたね。明日は少しは気温が上がるけれど雨・・とか。そんな折所用で車で少し遠出。アラ?思いもがけず「Love&Honesty」がカーラジオから流れてきて・・・。オ~Hawaii!!

そんな気持がきょうの写真。ご存知ノースはHaleiwaへの道。以前にも(去年10月)この道は取り上げていますが、まだ未UPの写真です。(なんせ沢山撮ってきましたから、少しでも取り上げてあげなくっちゃ可哀想・・・)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Shower Treee(モクセンナ)(フォスター植物園)

Fxcd0152 今日は「天気予報」ほどは青空が望めませんでした。で、お花をUPしてみました。

フォスター植物園でひと際目立った樹木。てっきりGold Treeと思っていましたが、よくよく植物図鑑をみてみると・・どうやらシャワー・ツリーの一種「モクセンナ」のよう。(もし違ってましたらご指摘下さい)2006_02250247 2006_02250249

次の写真はHawaiiとは全然!関係ありません。(ーー;) わが家で咲いた「デンドロビューム」です。主人が一年365日、丹精込めて手入れをし育てたものです。わが家で二回目の開花です。(もう一鉢あります) なんか「こんにちは」と言ってくれていそうな・・・。これも主人の「お願い・・・」でUPとなりました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夕日とサーファー(Waikiki beach)

Fxcd0150 きのうまでは主を待つ朝のボード。今日は「夕日とサーファー」 陽がまさに沈もうとする瞬間、沖のサーファー達も・・・。夕日を「素敵ね~・・」とため息まじりに眺めるのはなにも観光客だけではありませんね。ボードに跨り夕日を見つめるサーファー達の背中をみるに、畏敬の念を込めて夕日を仰ぎみている、そんな気がするのです。(なにも波がないから、なんて事では決してないと思うのですが・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うきうきボード(Waikiki Beach)

2005_0929hawaii2005-20026 ちょっとボードのブログが続いてしまいます。きのうと同じ時間帯の写真です。目を転じればこんな楽しいカラフルな景色、いやこれがWaikiki Beachの本来の姿でしょうか。レンタルボード、今日も何人ものお客様を乗せるのでしょう。うきうきわくわくさせてくれる、私の好きな眺めであります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サーフィン・ボード(Waikiki・Beach)

2005_0929hawaii2005-20012 ある朝、Waikiki・Beachをブラブラ散歩。きょうもこのビーチで楽しむ観光客を迎えるための準備の時。カラフルなボードとはちょっと雰囲気の違う一角に気が付きました。

近づいてみると・・!?ボード・・・。それもどれもとてつもなく大きく、長ーい。これがロング・ボードか~。一本一本カバーが掛けられ、どれも太いチェーンでしっかり繋がれ鍵。それぞれ名前が書いてある。どんな人なのだろうと持ち主に思いを馳せながら、尊敬の念すら湧いてきた私でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

サーフィン・ボード(カイマナ・ビーチ)

Fxcd0142私は何故か、サーフィンのボード、板が好きなんですよね。いつ頃からでしょう、自分でもよく分かりません。見るのは好きでも自分とは全然かけ離れているサーフィン。なのにボードのある風景に惹かれてしまいます。

主人が沖から戻る頃、私も戻ります。ふと見るとボード、ここから借り、返すのですね。男性が通りかかり思わずシャッター。主人のボードは観光、お遊びのサーフィン・ボードですがこの男性にとっては「生活」のサーフィンでありボードなのでしょうか。(ボードって重いんですね!当たり前!?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サーフィンレッスン(kaimana Beach)

Fxcd0139 カイマナ・ビーチ東に連なるホテル群の、裏側の細い道に連れていかれ、辛うじてあるスペースで私はレッスンを見守ります。(昨日のブログの写真の位置)

カイマナ・ビーチの沖へパドリングで向かいます。(この写真は当然ズーム)よーく見てみると結構コーチの方が多いので一安心。(皆さん何処に居らしたのだろう?送迎の車にはそんなに・・)Fxcd0135

ボードに二人、後ろのコーチの方が拙い日本語で「タッテ、タッテタッテ!」とボードに立つタイミングを叫んで下さるのだそうです。(そんな場面) パンフレットのうたい文句、初めてでもOK!・・のようではありますよ。でも年を改め二回体験した主人によると、あの興奮と楽しさは「場所(波)とコーチ次第」だそうですが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Kaimana Beach

Fxcd0134 きょうは、珍しく「Kaimana Beach」。なのにあまり良くは撮れていない写真。他を捜してみたのですがデジカメではあまり撮っていなかったよう、?です。

この辺も好きなところですね、静かだし緑も深い。雰囲気は伝わってますでしょうか。勿論海はご覧のとおりです。一度は宿をとってみたいと思いながら、夜のWaikikiも捨て難く実行されていません。(遠くに見えるは・・・)

主人はこの奥で初サーフィンにチャレンジしています。その様子は明日にでも・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

musician:Henry kapono

2004_0225hawaii2-20040089 さあオオトリは、万雷の拍手で迎えられHenry Kaponoさん登場!もう私なんぞの、ちゃちな解説なんぞは必要ありませんね。 ♪Friends ♪You and Me・・・次から次へと惜しみなく歌って聴かせて下さいました、たっぷり一時間。And it's free!2004_0225hawaii2-20040090 2004_0225hawaii2-20040110

若かりしKaponoさんの写真をある所で発見。(何処でしょう、お分かりの方もきっといらっしゃいますよね) お遊びで並べてみました。2004_0225hawaii2-20040091-1

そして、(>_<) Kaponoさんとのツーショット。どうしてもこれをUPして!と言う。なんとしてもイヤ!と言う私・・・最後は喧嘩・・「あなたのツーショットのと一緒にさぁー!」 もっとダメだよー!・・・・

でも、このブランチでの興奮を再びという事で、後日アウトリガー・ワイキキはDuke’sでのライブに、また出かけた私達でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブランチ・オン・ザ・ビーチ そのⅡ

2004_0225hawaii2-20040085 ブランチはRoyal Hawaiian Bandの演奏で始まります。市長さんの挨拶やら来賓の方々のスピーチもありました。(早く何か始まらないかな~・・)いよいよ!先ずはフラ。日頃の練習をこの場でお披露目です、一生懸命、それでも笑顔を絶やさず、可愛いったらありません。ほんとに有り難う!です。2004_0225hawaii2-20040086

そして、Makanaさん登場です。持ち時間は30分。私達はこの方をそれまでは知りませんで。スラック・ギター、なかなかの実力ですがもう少し軽い音がでればな~、なんて偉そうなことをいうわが夫(恥ずかしい)。驚いたのはボーカル。

独特の声と発声ですね、第一声に?!の私達。でも聴きなれてくるとこれもいいかも・・。この方の一つの武器になっていくのでしょうか。ちょっとか細く、喉が全開でない奥から絞りだしてくるような・・・。ブランチ終了後、沢山の方々に囲まれCDも皆さんが買い求めておられよかった良かった!(その中に主人もいました)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Brunch on The Beach(Waikiki)

2004_0225hawaii2-20040082 2004_0225hawaii2-20040083 きのうがSusetなら、今日はBrunchのTime。「Brunch on The Beach」 (残念ながら今は行われていないようですが)これは’04年の2月のものです。

Kalakaua Ave.が車両通行止めなります。丁度H・ハイアット・リージェンシーの二つの棟の端から端までの間。中央にステージ、そこから左右にFoodスペーステントが広がり道路にグリーンの敷物。お客様?のテーブルがセッテイングされています。(大変な作業の準備ですよね)歌ありフラありのEntertainmentのBrnchです。2004_0225hawaii2-20040084

月二回ほどのペースで開催されていたようですね。Brnchですから当然日曜日、9:00am~1:30pm。じっくりゆったりと楽しめました。こちらもやはり早めに出かけ席取り。私達はこのミキサーブースの隣に陣取りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ワイキキ・サンセット・オン・ザ・ビーチ

Fxcd0145 Kuhio Beachで開かれる「ワイキキ・サンセット・オン・ザ・ビーチ」! 一度行ってみたいな~と思っていました。 

ご覧のとおりサンセットの始まるころよりこんな風に人が集まってきます。本当に映画そのものを楽しみたいロコ達は、早めにやってきていい席を確保します。(こういったお祭り?が大好きな主人です、ワクワクと早めに出掛けます) メインランドからの観光客とロコ達は半々ぐらい。日本人の姿は皆無に近い。大きな、いやとてつもなくドデカイビニール袋(両手を広げたぐらいの長さ!)に入ったポップコーンを持ってうろうろするのはメインランドの家族。

私達も「映画」が目的じゃなく、”ビーチ”でそれもHawaiiのサンセットの下「映画を見る」という楽しみであります。映画はありきたりのアメリカ映画、マーフィーの警察もの・・これなら字幕なしでOK!(でもところどころ、一言二言のセリフに周りが大笑いに??の私達)

本当にワイワイガヤガヤの、テントで売られているお弁当を頬張りながらの映画鑑賞?忘れられない思い出になりました。映画は勿論このサンセットの後、暗くなってからですよ。Fxcd0146

| | コメント (7) | トラックバック (0)

離れられない・・・・

2005_0929hawaii2005-20075 きのうの「カパフル突堤」を撮った位置から左手に目を転じれば・・・・。

そろそろ話題を変えようと計画がありながら、写真を流していくと手が留まってしまいます。なかなかカパフル公園あたりから離れられない・・・・。先週あたりからですが、これで少しはこのあたりの感じは汲み取って頂けたでしょうか? それにしてもよくも飽きないで撮っていますよね。きっと海あり山あり、緑あり花あり、空あり光と澄んだ空気あり、そしてそして人ありき。そんなこんながシャッターを切らせたのでしょうか。(Hawaiiってどこもそうじゃないの!?・・確かに) ここも離れ難いHawaiiであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カパフル突堤(Kuhio Beach)

2005_0929hawaii2005-20087 きょうは昨日とは打って変わりまして青空の下。最初にこの眺めを見たとき(この屋根、昔からありましたっけ?)、・・どこかで・・見た様な~・・・。 はは~んそうか、アジアのどこどのリゾート写真!そんな感じがしませんか。

主人が「先まで行こうよ、海がもっと広いよ、ホラ、あなたも!・・・」 としきりに声を掛けてくれるのですが、光に弱い事に然りながらも、私は少し離れてからのこちらの眺めのほうが好きですね。2005_0929hawaii2005-20076

| | コメント (4) | トラックバック (0)

暮れなずむWaikiki Beach

Fxcd0161 ・・・どうしよう、今かな?・・・タイミングを見計らう彼女。 ・・・くるかな、こないかな・・貰えるよな、俺?・・ひたすら待ち焦がれる彼。・・・・・

せめてそんな彼女・彼にお手伝い。こんなBeachでのお散歩は如何?!ハワイのバレイ・タインデーはそれはそれは華やか、皆さんウキウキわくわく街が笑っているかのよう。この日は男性が女性に愛を示す一日。女性に花束が贈られます。(花屋さんは大忙し) レストランはそんなカップルで溢れています(勿論オヒアとレフアもいます)。予約なしで行こうものなら失礼な奴じゃな!と言わんばかりの白い冷たい視線を浴びせられてしまうのです。

画面右に見えるお二人は貴女と・・・でしょうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

またまたカピオラニあたり

2005_0929hawaii2005-20077 アララ・・同じじゃぁとお思いですよね~、2/10の写真とほぼ。ただ今日の記事にあった写真を選ぶべく流していると、この写真が見つかったもので・・。こちらが少し遠めに捉えられており、先のものよりはカピオラニの様子が分かって頂けるかな?と。お花も多く写ってますし・・・、それに「もういいかな、」とボツにしてしますのは可哀想だし、もったいない!(決して手を抜いたわけではありませんので、悪しからず。良かったら較べて見てくださいまし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カピオラニBeach(?)

2005_0929hawaii2005-20081 ここはカピオラニBeachだと思うのですが(ホノルルZOOからワイキキに向かって直ぐの所ですから)あるいはクヒオBeaehでしょうか・・・。

通りのこちらから眺めるとちょっといかついポーズの像。・・近づいて見てみれば、ア、サーフィンの姿でした。(気が付いたのは一昨年あたり、昔からありましたっけ?)サーフボード型の案内板に目をとおしてきたのですが、すみません、名前とか覚えていなくて、ガイドブックを調べてもよく分かりませんでした。ホクレア号のクルーで帰らぬ人となったライフガードのエディ・アイカウだったでしょうか?どなたかお教え願いますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プルメリアの花(H・パークショアあたり)

2005_0929hawaii2005-20086 きょうのブログは主人のリクエスト。前にも書きましたが今回のHawaii旅行の大きな目的の一つプルメリアの花の観察。ここ暫くのカピオラニあたりのブログを見て「その辺りで撮ったプルメリアの花もUPしてよ・・・」。H・パークショアの前のプルメリアです。

次の二枚はその下にあったもう少し低い木に咲いていたのをアップ、またアップしたものです。なんとも表現しようのないこの姿・・・・。(写真は主人の手によるものです)2005_0929hawaii2005-20088 2005_0929hawaii2005-20089

| | コメント (5) | トラックバック (0)

またカピオラニあたり

2005_0929hawaii2005-20175 きょうのブログの予定、変わってしまいました、流れは同じなんですが・・・。写真を流していてここで手が止まりました。

ここはご覧の標示のとおり、二つのAve. MonsarraとKalakauaの分岐点。ここから微妙にHawaiiの表情が変わる。カラフルなWaikikiから緑深き公園の姿。空気だって違ってくる・・・。心なしか背中を伸ばしHawaiiの甘い爽やかな空気を少しでも吸い込もうとする自分がいます。なかなか去り難いカピオラニ公園の入口ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ZOO(ホノルル動物園)

2005_0929hawaii2005-20080 カピオラニ公園の少し奥に「ホノルル動物園」。最初の頃、突然のように現れる「ZOO」に何、何なの?なぜここに「ZOO」なの・・・。

このあたり一帯は緑が深く大好きで動物園の脇の道をよく歩きます。でも動物園に入る事はないですね。私、どうしても動物園がだめなんです。子供の時や学生の頃はお友達とはよく通いました。でも動物はそっちのけでベンチや芝生の上でおしゃべりに興じていましたね。(あの檻に入っている動物を見ることが出来ません。水族館には行けるでしょうか、ハワイでも一度行きました。水はどこかで繋がっているように思えるから。可笑しいですか?)

この写真、七色の光が気に入っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

H・パークショア ワイキキ角

2005_0929hawaii2005-20078 きのうの「カピオラニ公園入り口」よりほんの少し目を移すとこの眺め。いつしか私はパークショアホテルのこの角っこ、この眺めが好きになってきていました。(二階がデニーズレストランでなくなってしまったけれど)

Hawaiiにはこういった感じのレストランがWaikikiに限らず多いですよね。窓際に限らず店内隅々まで風が吹き抜けていくような・・・友達どうし、グループで、はたまた恋人か(少し遠慮気味)、お料理は二の次三の次、仲間でわいわいガヤガヤ。ここはHawaiiだよ!そんな雰囲気がこちらまで伝わって来る、そんな眺め。夜には暖簾みたいなぶらぶらがチカチカピカピカ・・・・。マウイ島ではこういうレストランに行き大いに楽しみましたが、何故かWaikikiに来ると出来ないでいる、何でかな?

きょうは少し風があるようですね・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カピオラニ公園入口あたり

2005_0929hawaii2005-20085 きょうは朝目が覚めると雪景色。でも日中は暖かくなるとの天気予報、お日様を期待していたのに太陽は顔を見せてはくれなかった。それならとHawaiiを散歩する事に・・。

好きなカピオラニ公園までくると今回の目当てのプルメルアの花。(もうここに来るまでに何度も見てはいるのだけれど) 撮ろうとしている花の先に何やら写る・・?あの黄色はなに?近づいてみると、アラ~観光馬車ならぬミニトラックを改造したらしい観光車。アメリカ人数人が乗っておりなにやら楽しいそう。一瞬誘惑に駆られたけれど(どこを周ってくれるのだろう?)なんか恥ずかしいかな・・・止しました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ダイアモンド・ヘッド!

2004_0225hawaii2-20040018 きょうはダイナミックなダイアモンド・ヘッド!! きのうとはまた違ったカイマナヒラ。私もまさしく口を開けて眺めていたのでした。言葉は必要ありませんね、今日もとくとご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麗しのカイマナヒラ

2004_0225hawaii2-20040130 如何です!?この姿・・・。雄姿、威風堂々とも表現できますが柔らかな表現の「麗し」を使いました。

お分かりですよね、きのうのブログ「タンタラスの丘」からの眺めです。明るいうちのタンタラス、!!言葉は必要としないぐらいの美しさでした。こんなに素敵なのに誰~れもいない、私達だけ。なんとも勿体ない・・・。皆さん、どうぞお出かけ下さい。Waikikiから車で30~40分ぐらいですよ。

この写真も私達のお気に入り、正直こんなに出来上がっていたとは思っていませんでした。あの登った時の感動が甦ります。引き伸ばしこれは冷蔵庫に貼り付け。そう冷蔵庫の開閉時、朝に夕に「Oh、ダイヤモンドヘッド!」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

タンタラスの丘

2004_0225hawaii2-20040132 2004_0225hawaii2-20040131 ハワイでレンタカーを走らせるようになると「タンタラスの丘に登り夜景を見てみたい」と主人が言うようになりました。私は聞き流していたのですが、今回本気で言い出したので私は「ツアーで行くならいいわよ、自分の運転では絶対いやだからね」。(夜暗い道を走る怖さをカイルア・コナで身をもって知ったじゃないの!)

ならば、と云う事で主人は明るい内に登る事にしたのです。勿論それには私も安心?して同乗です。出会う車は殆どありません。タンタラスの丘の相場は「夜」になっているのでしょうか、こんなに素敵な景色が待っているのに・・・・。

ガイドブックには「危険なので一度明るい時に走り、道に慣れておこう~云々」みたいなことが書かれていますが、主人走ってみて曰く「一度昼間走っても夜は御免だ」と。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夜のカイルア・コナ

2004_0225hawaii2-20040071 以前、コナの夕日、夕焼け、そしてもう少しで陽が沈む写真をUPしましたが、今日のはもうまさにの一瞬です。ご覧のとおりそれはそれは暗いです。

一度、どうしても夜に行ってみたいレストランがあり、私達のドライブの鉄則を破り車を走らせた事があります。20分ぐらいだからと・・・怖かった~!道路は幹線で広く、ライトもありますがその一寸先は闇。ロコ達はブンブン飛ばす飛ばす・・それがまた怖い。私達が日本に帰った直ぐ後で、同じ道での事故のニュースが届きました。(新婚旅行の方でやはり夜、レストランからの帰りでした)皆さん、くれぐれも夜のドライブにはお気をつけ下さい。

今夜はぐっすりと休み、明朝Honoluluに向かいます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

農園見学(ハワイ島・Holualoa)

2004_0225hawaii2-20040070-1今日はまたハワイ島に戻ります。ここは以前にUPしましたカイルア・コナの高台から海を眺めたあたり。地名は「Holualoa」というのですね。ハワイ島に行くといつも求めるコナコーヒーの農園主のお家を訪ねました。広~い庭?に種々の果樹を育てておられました。自然農法でいわゆる循環農法、土地を栄養豊かにしそれがまた果樹を育てる・・。そんな話をして下さいました。

私達は本当のところはコーヒー農園を見学したかったのです。ちょっと意志が伝わりませんでした。(わが家のコーヒーの木はここのコ、なんですから) バナナ、文旦、etc・・・。美味しかったです!ちなみに真ん中の樹は「パパイヤ」ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ala Moana Beach

2005_0929hawaii2005-20198 今日はもう2月1日!そして雨の降る冷たく寒~い一日でした。お買い物にも出ずひたすら家にこもってしまいました。(外で一生懸命働いている人はどうなの!そうですよね~・・・)

もうお馴染みのAla Moana Beach。ひたすら青い海と空を求めたらここにまた来てしまいました。(いえ何度でも)Hawaii恋しや・・です。雲までがHawaiiですね。

なんだ今日は手抜き!?なんておっしゃらないでね、写真は未UPのものですよ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »